■矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 



■矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:11月08日

ダイエットの基本として、
食べる事の量を減らすためには、
満腹中枢がキーポイントになります。

満腹中枢というのは、
食べる事をし始めてから一定の時間がやってくると、
「ウエストいっぱい」というサインを出します。

ぼくたちは、満腹中枢への刺激によって、
食べる事を終了するのです。

ですから、
満腹中枢を刺激するまでの時間、
いかに食べる事の量を少なくするか
ということがポイントになってきます。

まずは
しっかりかむように心がけることです。

一回食べ物をクチに運んだら、
最低30回かみ続けると
十分な時間をつぶすことができます。

また
野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

野菜スティックなどは
結構な量があるように見えますが、
そんなにカロリーは高くないのです。

ですから、食べる事の中に
野菜料理を一品以上入れるように心がけましょう。

また食べる事前にも一工夫が必要です。
食べる事をする直前に水を飲みましょう。

水を飲むことによって、胃への刺激になります。

また、胃のスペースも水によって
多少は少なくなりますから、
入れることができる食べ物の量を減らすこともできます。

大体コップ一杯程度の水を飲んでおけば、
十分な効果を発揮するでしょう。

食べる事を通じて心がけることは、
ゆっくりと食べるということです。

兄と同居している場合には、
一緒に食べるように習慣づけるといいでしょう。

兄と一緒に食事をすれば、
何らかの会話をする必要があります。

しゃべりながらですから、
食べる事のペースも自然と落とすことができます。

ということは、
満腹中枢が刺激を受けるまでの
食べる事の量も自然と減ってきますから、
ダイエット効果を得ることができるわけです。