■矯正された視力の維持は保証出来ない

■矯正された視力の維持は保証出来ない


■矯正された視力の維持は保証出来ない
レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。





■矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:12月19日

ぐっどもーにーん♪(テンション高っ

「給食はおいしくなかった」
と、年齢以上の方(ミーを含めて)は言いますが、
今のお子様たちは、みなおいしいと言います。

味も質も向上した給食でありながら、
残菜の量が昔とは比較できないほど多いのは
なぜなのでしょう?

お子様たちが少食になったわけでもないのに、
献立によっては、食後とは思えないほど、
ほぼそっくり残ってしまうそうですよ。

アレルギー体質のお子様たちが増えているので、
多少の残菜は仕方ないとも言えますが、
食べ残しのほとんどの理由は偏食なんですって!

「野菜が嫌い、魚が嫌い。お肉は太るから食べない」
というお子様たちは、
いったい何を食べているのか不思議に思います。

一方で、
偏食もなく何でも残さずに食べるお子様たちもいます。
この差は、何だと思いますか?

ミルクを飲んでいた赤ちゃんが離乳し、
普通食に慣れさせながら育てていくというのは、
どのお子様も同じですが…

離乳期に
「ただ食べさせているだけ」なのか、
「味わう事も考えているのか」で、
その後の嗜好に大きな差ができてしまうみたいです。

この過程で、
同じような味ばかりのご飯を食べさせると
徐々に他の味のご飯を受け付けなくなってしまうんですよね。

実際、
離乳期からほとんど味付けされていないものを与え続けたために、
小学生になってもしっかり味が付いたものが食べられないという
お子様を見たことがあります。

普通お子様が大好きなカレーライスも食べられないんですよ!
育児書に薄味で…と書いてあったことを
お母さんが神経質に守ったことが原因だったようです。

明日はいい日だ。がんばろ~^^
■矯正された視力の維持は保証出来ない

■矯正された視力の維持は保証出来ない

★メニュー

■レーシックの前には適性検査
■交通費を補助してくれるクリニック
■保証制度の有無を確認しよう
■最新老眼治療のモノビジョンレーシック
■紹介制度を採用しているレーシッククリニック
■レーシックで乱視の治療も可能
■レーシックでのリスクを理解しておこう
■口コミサイトを活用してクリニック選び
■矯正された視力の維持は保証出来ない
■ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)その治療を知りたい!レーシック情報